被せ物を作る場所を見学してきました

2022年05月10日

IMG_2273

IMG_0276

IMG_0277

当医院のスタッフで技工所の見学に行ってきました。

いつも型を取って出来上がった被せ物をセットする日々。

衛生士さんの中でも、どのように被せ物が作られるかを知らない方がいます。

被せ物の製作の裏には、どのような苦労があり、同様な作業があるのかを知ることは大事です。

共に仕事をする仲間をしり、仕事をしてもらうことに感謝をすることで、自分の仕事も感謝されるはずです。

良い経験になりました。

これからも機会があれば見学行きたいですね。

歯ブラシの勉強会

2022年05月10日

IMG_2428

IMG_2430

IMG_2425

歯ブラシのプロ衛生士。

当医院のスタッフが希望で歯ブラシの勉強会を行いました。

歯ブラシは色々な種類があります。

実際におすすめする場合、自分で使用してから評価をして患者様にお伝えしております。

さらに、制作したメーカーにお話を直接聞くことも必要なことです。

歯ブラシの方法は衛生士さんが熟知していますが、歯ブラシも年々新発売の商品が続々登場しています。

より患者様に合う歯ブラシを目指し衛生士も日々勉強です。

業者さんからサンプルをもらうことも今回の目的ですけどね。

よろしくお願いします。

季節の装飾始まりました

2022年05月10日

DSC00038

DSC00037DSC00035DSC00039

テレビ下の空間に季節の装飾を毎月行うことになりました。

歯科医院に来ても季節を感じていただけるようにと、スタッフも装飾する楽しみも増えるので定期的にアップしていきます。

前回は5月ということで鯉のぼりでした。

次は6月、梅雨時期になります。

医院に来たときは是非注目して下さいね。

 

ゴールデンウィークの診療について

2022年04月30日

doctor_haisya_woman_faceshield

今年の診療日についてです。

5月3日、4日、5日の診療はありません。お休みです。

5月2日(月曜日)は診療しております。

また、お休み期間の診療は行いませんが、緊急対応はいたします。

ラインにてご連絡いただくか、医院へお電話ください。

時間を調整して診療いたします。

日本歯周病学会の認定を受けました

2022年04月21日

image_67192833

日本歯周病学会に所属いたしました。

日本歯周病学会は、歯周病を克服することにより自分の歯を1本でも多く残すことを目的に 1957年に設立された学術団体であり、会員総数は2021年8月31日現在12,078名を数える。会員の構成の特徴としては大学の臨床講座の会員以外に、基礎講座および開業歯科医の会員、加えて歯科衛生士の会員の比率が多いことであり、このことは歯周病という疾患の病因、病態や治療法の多様性を強く反映している。さらに、2004年度からはNPO法人として新たに発足し、より公益性の高い組織をめざしている。

 

地域医療を担う歯科医院として、歯周病の正しい治療ができる技術と、歯周病の新しい情報を更新することが、これからの歯周病治療には必要ではないかと考えます。

歯科衛生士さんも、学校を卒業してから自らが研鑽していないと日々変わる医療技術、情報を得られないまま患者様に古い情報、現在では誤った情報を発信してしまう恐れがあります。

他の医院の衛生士さんのお話をよく聞きますが、研鑽を積んでいる医院とそうでない医院の知識の差は大きくなっているとかんじます。

当医院もこれからの未来を見据えてスタッフ1人1人が正しい情報を得られるように、また新しい情報を発信できるように治療のみならず医療の担い手として頑張ります。

 

新しい仲間が増えます。(新卒衛生士2名)

2022年04月13日

動画撮影

今年春から新卒衛生士2名が当医院に就職しました。

ご紹介のため、ホームページ様に動画を撮影しています。

衛生士学校は3年の専門学校です。国家資格の取得と専門性のある職業で、最近人気になりつつあります。

今年入社は、本橋さん、宮さんの2名です。

若いだけあって他のスタッフに良い影響を与えてくれそうです。

衛生士としても、社会人としても恥ずかしくないように教育していきます。

地域に根ざした治療を行うには衛生士さんの力が必要です。

地域と一緒になって成長できる歯科医院を目指します。

歯科医院デジタル化計画

2022年04月04日

IMG_2168

医院スタッフ全員に仕事用のノートパソコンを配布しました。

IMG_2154

IMG_1585IMG_1721

これで、医院内の情報共有やプロジェクトをスムーズに進めます。

患者様の治療計画のミーテイングや、医院に楽しく通院できる仕組み作りに活用していきたいと思います。

現在の20代はパソコンを触った経験があまりなく、ほとんど携帯で仕事をこなしています。これからは歯科医院といえども、一般の企業に在籍する社会人と同じようにパソコンができるようでないといけません。

コロナが流行っている中で、いつでもテラワーク時にやることがないではなく、やることを創造していく。時代は変わっていきます。

患者様のためになるデジタル化の推進を進めていきます。

現在、型取りがいらない3Dカメラ、矯正の矯正のシュミレーションができる3Dカメラを購入しました。現在1番新しい機材になります。

また、国のデジタル化の推進事業の一つである、マイナンバーカードと保険証の紐付けができる、スキャナーも設置済みです。

これからも患者様にとって有益となる技術、機材の購入を進めてまいります。

IMG_2020

 

個室のカウンセリングルームで相談できます。

2022年03月13日

IMG_2143

匠歯科医院のカウンセリングルームです。
プライベートな治療のお話や、矯正相談を行います。気軽にご相談ください。
矯正相談は無料になります。
より詳しいお話をしていくためにお口の写真を撮影し、既存の患者様の矯正前、矯正後のお写真などをお見せしながらお話させていただきます。
矯正相談でよく質問される内容としては、費用はいくらかかるのか?期間はどれくらいか?ワイヤー矯正、マウスピース矯正どちらが良いか?
以上のご質問は、実際のお口の中を確認しないと正確にはわかりません。一度お問合せください。
0762278882

もう型を取りません!最新の3Dスキャナー導入しました。

2022年02月17日

IMG_2119

 

IMG_2121

最新の機械が入りました。

歯医者さんで型取りをしたことがあるのではないでしょうか?

あのピンクの粘土みたいな物で、口の中にいっぱい入れられ、数分間待つ。不快でいっぱいだと思います。できればやりたくない治療の1つですよね。

現在、デジタル化が進み、歯科医院でもすでに型を取らないようになりました。

カメラで撮影するだけで次回詰め物が出来上がっています。失敗して何回も取り直す必要はありません。

まだまだ一般の歯科医院には普及はしていないので保険治療に厚労省が使用を認めていないので、現在は自費の被せ物のみになります。

当医院は常に最新のシステム、材料を安全を確認できた段階ですぐに導入していきます。時代に取り残されてはいけません。

これからも、歯科治療をスムーズに進めるよう、患者様の為になる技術を導入していきます。

IMG_2120

 

エアードック運転中(コロナ対策強化しました)

2022年02月17日

IMG_2113

IMG_2116

IMG_2114

当院の待合室にエアードックが入りました。

すでにダイソンは動いていましたがさらに強化しています。

エアードックは一番大きいサイズになります。

時間帯によっては、待合が混むこともあります。

それぞれの椅子の間に敷居はありますが、空気の洗浄も行ってまいります。

【エアードック説明】

シリコンバレーが開発した
世界最強レベル※1空気清浄機

電磁場をつくることで

有害物質を帯電させ
磁石のようにフィルターに吸着。
0.0146μmまで除去可能*3。となります。