匠の新しい顔

2021年04月26日

78BEDB47-BBB3-4362-B188-906007C7DF8A

もうすぐ2人が入ってきて1ヵ月が経ちます。

毎日新しい事を吸収しながら日々頑張ってくれています☆

image_67202049         image_67184385

   衛生士 坂下 晴香          歯科助手 山崎 楓泰乃

   (さかした はるか)           (やまざき かやの)

 

私は今年で2年目になります。後輩の見本になれるよう、初心を忘れず私もたくさん

吸収して患者さんのそばに寄り添えられる衛生士を目指していきたいです。

型取り不要、撮影するだけで被せ物が出来る『iTero Element(アイテロ エレメント)』

2021年04月13日

image_67192321

image_67192321

image_67206913

image_67182081

透明なマウスピース矯正インビザライン

さらに、歯型採取時の「オエッ」ありません!

口腔内3Dスキャナー「iTero element(アイテロ エレメト)

導入いたしました。

itero01

1.ご自身の歯並び・噛み合わせが、その場で確認できます

自分の口の中は、直接自分では見られません。

3Dスキャナーでお口の中を撮影すると、見る事が出来ます。

従来の歯の型取りは、「印象」という粘土のようなものを歯に押し当てて取っていました。その後も石膏を流して固めるなど、とても時間がかかっていました。

しかし「iTero element(アイテロ エレメント)」なら、その時その場でお口の中の様子を知ることができます。

itero_pic2

2.矯正の「治療後」シミュレーションが、その場で見られます

当院では、透明なマウスピースの歯の矯正「インビザライン」を導入しています。
「iTero element(アイテロ エレメント)」でスキャンしたデータを、インビザライン

の独自のソフトを用いて、治療中から治療後までシミュレーション可能です。

itero_pic5

3.歯型を取るとき「オエッ」となりません。

時間は2~3分しかかからず、嘔吐反応が起きないのでオエッとなりません。
※症例により、必要となる場合もあります

4.スキャンしたデータをスマホで確認できます

スキャンしたデータを自宅PCでじっくり見たり、スマホで確認することも可能です。
せっかく撮ったご自身のお口の中の3Dのデータです。
スキャンしたデータを正面だけでなく、360度上下左右、自由自在に見てみませんか? ※ログイン情報をお送りします。
このようにスマホでも見ることが可能です。

itero_pic7

歯の矯正に関する技術は日々進化しています。
今までになかった方法、ぜひ試してみませんか?

新しい技術で患者様の健康をサポートいたします。

マウスピース矯正で笑顔に!

2021年04月01日

01

C2C11

C4C12

 

マウスピース矯正で上下行いました。

期間は12ヶ月、費用は300,000です

大変満足されていました。こちらとしてもうれしかったです。

おもてなしの心で!

2021年03月22日

image_50432769

患者様対応、医院内の働き方改革の推進のためセミナーを受講してきました。

最近はコロナの関係でZOOMによるセミナーが多いのですが安全に受講できるので良いと思います。

スタッフの働く意欲や、治療の質を向上するため今後もスタッフ全員で取り組んで行きます。

より安心して通院できる歯医者さんを目指して取り組みます。0A9CC77B-026C-4554-A7BA-63D2FA1541F7

新たなマウスピース矯正(インビザライン)4月より開始いたします。

2021年03月02日

img001995

マウスピース型矯正装置(インビザライン 完成物薬機法対象外)は、世界中で400万人以上の治療実績がある信頼度の高いマウスピース矯正(アライナー矯正)です。
取り外しできる透明なマウスピース型の矯正装置を装着し、それを2週間ごとに新しいものに交換していくことで徐々に歯を動かしていくという、これまでの矯正治療とはまったく異なる発想で開発された矯正治療法です。
従来のワイヤー矯正(表側矯正)との大きな違いは「目立ちにくく」「取り外しができる」ことです。
オーダーメイドで製作される薄い透明なマウスピース型装置のため、装着していても周囲から気づかれることはほとんどありません。
歯並びが気になり「人前で笑うのが恥ずかしい」「食事のときに口元が気になる」、「職業柄人前で話す機会が多いので気付かれずに歯の矯正を行いたい」という方にお勧めしたい矯正治療です。

invisalign_img_sp (1)

対象年齢

成人はもとより、16歳以下の方でもインビザライン矯正を行うことができるようになりました。
インビザラインティーンは11歳~16歳の方に対応しており、乳歯が抜けていれば矯正をスタートすることができます。
矯正治療は子供の頃にしかできないというイメージもありますが、現在では幅広い年齢層の方が矯正治療を行っています。

対象症例

インビザラインは幅広い症例に対応するため、インビザラインフルインビザラインライトインビザライン・ティーンインビザラインi7の4つのコースがあります。

インビザラインホームページへアクセス!
https://www.invisalign.co.jp/

バレンタインデー虫歯にならないお菓子を配りました。

2021年02月18日

image_67180033

200120chocoqa1

バレンタインデーはなぜチョコを送るのか?

実はこの「女性から男性へチョコレートを贈る」という風習は、日本独自の文化だということを、ご存知でしたか?

昭和10年に神戸のモロゾフ製菓が、外国人向け英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』で、「あなたのバレンタインにチョコレートを贈りましょう」という広告コピーを掲載したのが、バレンタインチョコの始まりなのだとか。

img_a32d87cfd7210b10d974a270336e8447231274

チョコレートと虫歯の関係

虫歯とは、虫歯菌が出す酸により、歯が溶けてしまう病気です。虫歯になるのは、実は甘いものだけではありません。虫歯は、「虫歯菌」「砂糖」「時間」「歯質」という4つの要因が重なることで発症してしまいます。

つまり、チョコレートのみが悪いわけではありません。

特に気を付けたいのは「時間」です。時間や量を決めず、いつまでもだらだら食べていると、お口の中が常に酸性の状態が続きます。私たちのお口の中は飲食をするたびに歯の表面が少し溶ける「脱灰」という状態になりますが、唾液の働きにより溶けた部分が修復される「再石灰化」が行われます。ところがずっと食べているといつまでたっても再石灰化が行われず、歯が溶けていく一方となり、最終的に虫歯になってしまうのです。

「歯質」も虫歯に大きく影響します。乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質が薄く弱いため、あっという間に酸に溶けてしまいます。歯質を強化するような歯磨き剤を使う、歯科医院でフッ素塗布を行うなど、歯質を強くすることで虫歯に強い歯を作り出すことが可能です。

 

当医院では、キシリトール100%のキャンディーを来院全ての方にプレゼントいたしました。甘いものが悪ではなく、使い方で虫歯は防ぐことができるのです。

image_67180033 image_67164161

歯に関する疑問も受け付けています。

LINE@からの相談が早いので、是非ご活用下さい。

<img src=”https://qr-official.line.me/sid/M/teq2813o.png”>

https://lin.ee/pqpTYzn

ハイ、チーズ!

2021年02月13日

F206F8E4-16F8-425B-8CB2-376671A959C8

久しぶりに歯医者に来てくれたYちゃん。

 

初めて来た時はまだ歩いてなかったYちゃんが、しっかり歩いてお話までできるようになっており驚きました!

 

虫歯がないか先生に診てもらい、フッ素も上手に塗れたので、先生からおもちゃのプレゼントをもらいました。

 

Yちゃんが自分で選んだのは、カメラ!

 

カメラマンになって絵本の中のネコさんに「チーズ!」と言って写真撮影していました。

保育士にもカメラを向けて「チーズ!」と言いながら撮ってくれました♪

鬼は外、福は内

2021年02月03日

image_67210753

image_67142401

医院で節分しました。

角がすごくにあっていますが、院内には鬼はいませんよ!

みなさまにも福が来ますように!

第2駐車場出来ました

2021年01月27日

図2

医院の駐車場が7台分ありますが、時々満車になりご迷惑をおかけいたしました。

近くにある駐車場を確保いたしましたので、駐車できない場合は第2駐車場までお願い致します。

徒歩で1分ほどで到着します。よろしくお願いいたします。

第2駐車場

図3 図2

図1

医院広報誌「PIKA」新しくなりました

2021年01月27日

シーラント(ぬる)

1月のPIKAができました。

今回はシーラントについてです。

シーラントとは奥歯や前歯の溝をプラスチック樹脂の一種で一層埋めることによって、虫歯を予防する方法です。主に生えて間もない6歳臼歯や乳歯の奥歯に行います。

生えたばかりの歯は表面が未成熟で弱く、その後、唾液中のカルシウムなどを吸収して年月とともにだんだん強くなっていきます。

ですから、同じ永久歯でも大人と子どもでは歯の強さが全然違います。それだけ子どもの歯は虫歯になりやすいのです。

お母さん方の中には、シーラントをして欲しいと連絡があるほどメジャーな治療になります。

2021年1月号

2